更新履歴

余裕でした。

久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

曰付別の更新チェックはカレンダーの曰付をクリック ▼

2012 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 08

2012nen_gold16.gif07tuki_gold16.gif  の更新

エントリー一覧 ▼

zengetu_red_16.gif     2012nen_kuro.gif07tuki_kuro.gif   yokugetu_red_16.gif 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PageTop 
土曜日のことである

いつもなら車が使える時間だが

親がなんかランチとかいって 車を使っていたので

徒歩でマクドナルドまでいったら

1時間くらいかかった。

まじきつい

というか 汗だくすぎて 面接どころじゃなかったが

時間ぎりぎりだったので 店内へ



店員「いらっしゃいませ 店内でお召し上がりですか?」

私「5時からバイトの面接を受けさせていただく予定になっている 乞食と申します!」

ちなみに 乞食の部分は名前

店員「ププッ(爆) そこに座ってお待ちください」

なぜか

傷ついた・・・。


そしたら

一人だけマック食べ過ぎちゃったような体系の人が登場

たぶん オーナー


別室へ行くのかと思ったら

客席にどや顔ですわって

オーナー「そこ 座って」

俺(ここでやるのかよ・・・)

オーナー「この履歴書と適正試験25分で記入しといてね」

マクドナルド専用履歴書登場。

せっかく書いた俺のかばんに入ってる履歴書が紙くずと化す。

ううう・・・。


とりあえず 適正試験というやつをやってみた。

シーン1
幼女がカウンターの前でアイスクリームを落としました。

問題1
ただであたらしいアイスクリームをあげる
はい いいえ

余裕すぎるwww


問題は45問くらいあったが

正直どうでもよすぎた・・・。

オーナーが帰ってきた

いきなり 適正試験を採点開始

オーナー「うん・・・。あとちょっとだったね」

という 意味深な発言

オーナー「乞食くん 実はここ結構重要なんだけど」

私「はい」

オーナー「高校生のバイトには深夜と早朝任せられないんだよね 法律で」

私「はい」

オーナー「うちは高校生はいっぱいいるんだけどね 夜やってくれるひとがねー」

私「はい」

オーナー「深夜大丈夫?」

私(なるほど そういうことか 深夜担当のマシーンとして雇いたいわけか)

私「大丈夫です!」

オーナー「はい 乞食君 採用~」



というわけで マクドナルド戦士になったゾ
スポンサーサイト
PageTop 

zengetu_red_16.gif     2012nen_kuro.gif07tuki_kuro.gif   yokugetu_red_16.gif 

プロフィール

かきくこ

Author:かきくこ
軽く不登校になりかけている人

FC2カウンター

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。